monoFab SRM-20 特長

さらに進化したコンパクトな切削加工機

オフィスにも手軽に置けるデスクトップサイズの3D切削加工機「SRM-20」。機構部分をはじめ、スピンドルユニットやツールコレットを新たに設計し、出力制御を行うソフトウェア分解能を従来機*の約2.5倍にアップ。切削精度が向上し、加工表面がよりなめらかに仕上がります。ケミカルウッドやモデリングワックスなど幅広い材料を切削でき、最終に近い素材で試作が行えます。また、オプションで刃先の形状やサイズの異なるエンドミルを使用でき、細部まで高精度に仕上げられます。
* MDX-20

オフィスにも置けるクリーン&安心設計

加工時に発生する切削屑や粉塵の飛散を防ぐフルカバー構造による防塵設計です。また、集塵トレイを標準で装備しているため、オフィスに置いたときにも安全でクリーンな環境を保ちます。

シンプルな操作体系で切削加工を効率化

パソコン画面から手軽に操作できる「VPanel」を搭載。4方向のカーソル移動や速度調整により、原点を効率よく設定できます。また、加工途中のスピンドルの回転数や加工速度の変更(オーバーライド機能)も可能。材料や加工状況に合わせて、回転数や速度を変えられるため、加工時間の短縮やより精度の高い仕上がりを実現します。

自在に切削加工が行えるCAMソフト「SRP Player」


SRP Playerは、3D CAD/CGの設計・デザインデータを切削データに変換するCAMソフトウェアです。試作加工がはじめての方でもステップ・バイ・ステップで簡単に設定が行えるとともに、仕上がりが確認できるプレビュー機能や加工時間を予測する機能も備え、スムーズな加工をサポートします。

手軽に使える簡易加工ソフト「ClickMILL」


3D CADを使わず、穴あけ、面だし、面取り、ポケット加工などが行える簡易加工ソフトウェアです。単純な加工や後加工はもちろん、治具製作などにも活躍します。

教育現場で活躍するSRM-20

教育現場において、デザイン、テクノロジー、エンジニアリングなど、さまざまな分野でものづくりを体験する機会を提供します。 デザインモデルやワーキングモデル、パーツ、基板製作、試作部品など、学校の授業や研究室、課外活動でつくられるさまざまな用途で活躍しています。

3つの「R」でお客様をサポート

事例や課題解決など、ビジネスに役立つ情報が得られるクリエイティブセンター、製品の操作やソフトウェアの習得をサポートするアカデミー、長期間安心して製品をお使いいただくためのアフターケアまで、当社独自のサポート体制でお客様をバックアップします。