NEW LD-300 Laser Decorator

  • オープン価格

  • ●製品本体、専用ソフトウェアが含まれます。導入設置は別途料金がかかります。

レーザー箔転写技術で、ブランド価値をさらに向上。 プラスチック素材に加え、紙、本革(なめし革)*や、合成皮革製品への箔転写に対応。さらに、箔を使用せず本革への直接印字も可能。箔押しに代わる新たなテクノロジーで付加価値の高いアイテムを製作できます。専用ソフトウェアも標準付属し、すぐに箔転写ビジネスを始められます。

カタログpdfサプライ品のご購入はこちらから

高級感のある箔を使って多彩な表現が可能

金、銀、および様々な色や、ホログラムなど模様の箔で無限のデザインを創出します。

本革・合成皮革への箔転写や印字が可能

本革(なめし革)*や、ポリウレタン、塩ビなどで作られた合成皮革製品への箔転写に対応。オンデマンドで1個から加工でき、革装丁の手帳やキーホルダーなどに高級感のある箔転写で、付加価値の高いアイテムを製作できます。さらに、箔を使用せず専用フィルムのみを使用し、レーザーを照射することで、本革への直接印字も可能。炭酸ガス(CO2)レーザーのように革の表面を焦がして印字しないため、特有のにおいやガスが発生せず、脱臭装置の設置も不要にもかかわらず、焼印のような風合いを施すことができます。

* LD-300で箔転写およびレーザー印字できる本革は植物タンニンなめしを行った本革のみ確認しております。また、合成皮革は直接印字できませんのでご注意ください。

厚みのある化粧箱などにも直接箔転写が可能

転写エリアを大幅に拡大し、転写スピードもさらにアップ。最大A4サイズまで転写でき、ベーステーブルを外せば高さ約200mmまでの箱などの立体物にも転写可能です。また、化粧品や香水、アクセサリーなどの化粧箱に転写すれば、ブランドの価値をさらに高める装飾が行えます。箱の固定に便利な材料固定枠も同梱しています。

* ベーステーブル取り外し時に取付可能な材料の大きさ:281(幅)×213(奥行)×216(高さ)mm
* 箱の高さによっては、調整のためスペーサーが必要となる場合があります。また、箱の表面が沈み込まないよう、箱の内部に支えが必要となる場合があります。

プラスチック素材にも箔転写が可能

レーザー光で箔をピンポイントで加熱できる独自技術を開発。従来の技術では困難であった、アクリル、ポリカーボネート、ポリプロピレン、ポリスチレン、ABSなど*のプラスチック素材に加え、パッケージや化粧箱などの紙素材、タンニンなめし革や合成皮革などの革素材に箔転写が可能です。また、光を一点に集めることができる半導体レーザー光の特性により、小さな文字や細かな線もくっきり美しく仕上げられます。金、銀など、高級感のある箔を使って多彩な表現が可能です。

* 定着については必ずテストを行い、満足できる品質が得られるか事前に確認してください。

安心して使用できる安全設計

LD-300は、レーザー機器の国際規格*で最も安全な「クラス1」に準拠するとともに、フルカバー構造を採用しているので、レーザー光が外に漏れることがなく安心して使用できます。万が一、カバーを開けてしまっても、自動で運転を停止する安全設計。さらに、半導体レーザー光を使った独自方式のため、粉じんやガスの発生がなく、メンテナンスも不要です。

* IEC 60825-1

その他の特長

使いやすいソフトウェア
直感的な操作性でどなたでもすぐに使いこなせるソフトウェア「METAZAStudio」を標準付属。
ベクターデータやテキストのインポート
AI形式やEPS形式の線画データをインポートすることで、イラストやロゴマークなども手軽に転写可能です。
バリアブルデータ出力
データベース(CSV形式)を読み込み、名前やシリアル番号などの連番印刷にも対応。
レーザーポインター
簡単かつ正確に位置決めできる「レーザーポインター」や、材料表面を自動検出する機能も標準で搭載。
クリーンな運用を実現
半導体レーザー採用により、粉じんやガスの発生がなく、脱臭装置の設置も不要
家庭用電源で動作可能
100Vで動作するため特別な準備も不要、導入したその日から本格運用を実現します。

さらにコンパクトなモデル「LD-80」はこちら

LD-80の製品情報を見る

DGSHAPE logo

DGSHAPE ブランドの約束

DGSHAPEは、「イノベーションによって、未来の暮らしを創造する」をミッションに掲げ、Roland DGから独立した3D事業のブランドです。私たちは、アイデアを形にするデジタル技術によって、ビジネスプロセスを革新し、豊かな未来をつくります。人間本来の持つ“創造性”と“デジタルワークフロー”を融合させることで、製造業からヘルスケア市場まで、あらゆる領域において新たな価値の創造を目指します。