DWP-80S 特長

3ステップ、簡単操作の「Quick Denta」
専用ソフトウェア「Quick Denta」なら、3ステップで簡単に造形が行えます。

Step 1. Select ApplicationStep 2. Adjust Layouts and SupportsStep 3. Print

アプリケーションごとに最適なパラメーターがあらかじめ設定されているため、ソフトウェア操作に時間をかける必要がなく、スムーズに造形を開始できます。また、適切なサポート自動配置機能により、造形後のサポート除去や研磨などの後処理も簡単に行えます。

自動サポート生成

煩わしい設定をしなくても、ワンクリックでサポートを自動で生成します。

十分なワークエリアと高精度な造形品質

紫外線を照射しながら樹脂を硬化させるプロジェクター(DLP)方式採用の「DWP-80S」。独自設計のプロジェクターレンズと専用光硬化樹脂によって、高精度な3D造形を実現します。「カスタムトレー」「ベースプレート」「フレームワーク」の造形に十分な80×80mmのワークエリアにより、複数個同時に造形することが可能です。

造形可能な個数と時間の目安

(造形物の大きさによって個数と時間は変動します)

フレームワーク

最大個数:4個
時間の目安:3時間48分

クラスプ・バー

最大個数:約17個
時間の目安:1時間09分

カスタムトレー

最大個数:3個
時間の目安:2時間50分

ベースプレート

最大個数:4個
時間の目安:2時間13分