monoFab ARM-10 特長

3Dプリントによるデザイン試作

切削加工では難しいアンダーカットや複雑な形状のパーツなどが簡単操作で3Dプリントが可能です。吊り下げ方式を採用したことにより、造形物を支えるサポートに使用する樹脂の消費量を最小限に抑え、効率的に材料を運用できます。

イメージを思い通りに立体化できるデスクトップ3Dプリンター

デザインやパーツの試作、キャラクターの製作など、思い通りの立体造形を実現します。さらに、ヤスリがけや塗装などの2次加工も容易に行うことができます。

用途で選べる3つの樹脂バリエーション

「硬質」「軟質」「柔軟質」の3つのタイプをご用意。用途に合った樹脂を選択することで、特長を生かしたデザイン検討や形状試作が行えます。

3Dプリンター用CAMソフト「monoFab Player AM」付属

3Dデータのポリゴンメッシュを修正するヒーリング機能やメッシュの簡素化などのデータ補正、レイアウト編集、自動サポート生成も可能。分かりやすい画面設計で、初めての方でも手軽に操作できます。

アルコール洗浄や清掃用のアイテムを標準で付属

造形後、造形物に残った不要な樹脂をアルコール洗浄するためのワークトレイや容器、ピンセットをはじめ、樹脂槽やプラットフォームの清掃に使用するヘラなどを標準で付属しています。