デンタル

デンタル分野のデジタル化

歯科技工の分野では、デジタル技術の進歩によってさまざまな変化が起こっています。 CAD/CAMソフトウェア、3Dスキャナー、ミリングマシンの技術革新によって小規模ラボにおいても審美性に優れた、クラウン、ブリッジ、コーピングなどがオンデマンドに生産できるようになりました。さらに歯科用3Dプリンターによって、デンチャー分野においてもワークフローのデジタル化を実現しました。

歯科用ミリングマシンで加工可能な補綴物

当社の歯科用ミリングマシンにより、さまざまな形状や材質の補綴物(ほてつぶつ)を加工することができます。

ドライ&ウェット 2つの方式で多様化するマテリアルに対応

ドライ加工
ジルコニア
ワックス
PMMA
ハイブリッドレジン
PEEK
石こう
など
ウェット加工
ガラスセラミックス
ハイブリッドレジン

歯科用3Dプリンターによるデンチャーワークフローの革新

「カスタムトレー」「ベースプレート」「フレームワーク」のアプリケーションに最適な造形条件を徹底追及し、簡単かつ安定したワークフローのデジタル化を実現しました。