ホーム導入事例/エス・ケイ・ワイ販売株式会社様【サクマ製菓(株)グループ】

工業製品試作・生産

歴史あるお菓子メーカーがお客様に楽しんでいただきたいを実現

エス・ケイ・ワイ販売株式会社様

サクマ製菓株式会社のグループ会社として、公式オンラインショップの運営やアミューズメント商品の提案を行っている。LEF-12の導入によりオリジナルパッケージの商品化が実現した。

キャンディーにとらわれない、柔軟な事業展開

サクマ製菓は、戦前の砂糖が貴重な時代から人々に喜びを与え続けて来た。カラカラと缶を振り出す昔ながらの楽しさがある「缶入りサクマドロップス」、数年をかけて改良を重ね製法を確立したチョコレート入りキャンデーの「チャオ」、人々のあこがれや喜び、まだ世の中にない新しい飴をめざしてキャンデーとミルクを層にしていくことを実現した「いちごみるく」など、これまでに多彩なロングセラー商品を生み出してきた。そして現在は、長年培ってきたキャンデーづくりのノウハウを活かし流通各社のPB商品づくりや企業様のオリジナル販促ツールづくりなど新しいサービス領域にも積極的に進出し、キャンデーの枠にとらわれない柔軟な事業を展開している。

オンリーワン、小ロットのニーズ増加

20年以上も前から、その時代の要望に応える形で企業やご当地用のオリジナル商品に対応してきたが、お土産店などからは「200個なら買えるのに」、個人からは「もっと手軽に欲しい」など小ロットへの要望が根強くあった。当時、サクマ製菓ブランドとして供給できる量は業務用でかつ数千個単位からで、ニーズに対応するために、シールや紙なども検討したが、サクマ製菓の求める完成度に至る商品までにはならなかった。もっとサクマ製菓のこだわりに応えてお客様の要望にこたえることができる方法がないか?を模索していた。

LEF-12でお客様に楽しんでいただきたいを実現

個人の方にも楽しんでほしいと、小ロットで素材へ直接印刷できる方法を探して試行錯誤を続けているところ、UVプリンターの存在を知りLEF-12の検討に入った。缶へのダイレクトプリントでの密着問題をクリアして流通パートナーと商品化にこぎ着け、オンラインショップ「サクマデコドロップス」を展開。
LEF-12の導入で小ロット対応が可能になったことにより、デコドロップスは10個からオーダー可能で、記念品 ギフトなどのさまざまなシチュエーションでペットオーナー、ブライダル、幼稚園から大学などの幅広い客層に好評で受け入れられ、オリジナルパッケージのキャンデーがより身近な物となった。
当初のターゲットは個人を想定していたが、予想に反し旅行会社や不動産関連などの業務用、法人への広がりも見せて、新しい需要や顧客の開拓に繋がっている。

今後の事業展開

デコレーションをいろいろな缶のカタチに活かし、さまざまな商品開発を行ってサクマ製菓のブランディングに繋げて行こうと考えています。

VersaUVを選んだ理由

  • キャラクターなどの刷り上がりがとてもきれいで、ブランドイメージ通りの結果が得られた。
  • 小さな缶にカレンダーを印刷しても十分に使用できる精細な印字。
  • フルカバー、コンパクトで誰でも使いやすい製品デザイン。
  • 実機を確認したクリエティブセンターでのデモンストレーションの際に、ローランド ディー.ジー.からいろいろな提案があり、今後、協力できる可能性を感じた。
  • 新しい事業を進めていく上で、予想される障害や困難などを解決するアドバイスを受けられると感じた。

導入した製品

印刷エリア 305x280mmの
導入しやすいデスクトップモデル。

LEF-12