ホーム導入事例/Danapak Flexibles様

パッケージ試作・校正

パッケージビジネス成功の秘訣は、他社ができない細やかなサービスを提供することです。

Danapak Flexibles 様

スラゲルセ、デンマーク - Danapak Flexibles社は1955年設立のパッケージ会社であり、特に軟包装パッケージに精通している。Danapak Flexibles社は、Arla Foods (LURPAK butter) や Toms (Anthon Berg chocolate) などの国際的な食品会社や製造業のパッケージ製作を担当している。

2010年、Danapak Flexibles社はローランド ディー.ジー.製品3台目となるインクジェットプリンター、VersaUV LEC-330を導入した。Danapak Flexibles社は様々なメディアに印刷でき、なおかつ彼らの仕事にとって必要不可欠な白引き印刷が可能なUV技術を搭載したプリント&カット機を探し求めていた。そんな彼らにとって、LEC-330は長年の要望を満たす最適な機械であった。新規クライアントの獲得に貢献したのはもちろん、既存顧客へ最高のサービスを提供することを可能にした。

Arla Foods社が持ち込んだ依頼は、それを象徴する出来事だ。Arla Foods社は、デンマーク国立銀行主催の展示会で、50年前のパッケージデザインを展示したいと考えていた。しかし、当時印刷されたオリジナル品は貴重であり、それを出品することをためらったAlra Foods社がDanapak Flexibles社に相談を持ちかけたのだ。LEC-330の特長の一つは、実際のパッケージに使用されるものと同じ素材にダイレクト印刷できることだ。Danapak Flexibles社は、導入したばかりのLEC-330で費用を掛けずに、見事に50年前のパッケージを復刻することができた。

Danapak Flexibles社 のアカウントスーパーバイザーのOle Kokborg氏は「新規顧客の獲得だけではなく、既存顧客をいかに満足させるかが成功し続ける鍵です。LEC-330は、他社が出来ないような細やかなサービスの提供を可能にしてくれます。」と語る。

Danapak Flexibles社は順調にマーケットを拡大しており、LEC-330で製作したパッケージのプロトタイプを武器に、デンマークや米国の製薬業界にも参入することが出来た。「製薬業界の軟包装パッケージ比率はさらに高まっていくでしょう。絆創膏など軟包装パッケージ商品が増えていますからね。プロトタイプを手軽に提供できるようになったので、新しいパッケージの開発段階から支援することができます。LEC-330のおかげで、最適なソリューションをクライアントに提供できるようになり大満足です。」とOle Kokborg氏は語った。

導入した製品

6ヘッド構成で高画質・生産性を重視した
ハイスペックモデル

LEC-330