ホーム導入事例/永井印刷株式会社様

シール・ラベル

さまざまなメディアに対応できるVersaUVは、当社で最も稼働率の高いプリンターです。
代表取締役社長:永井謙太郎様(右)、オペレーション担当:梅本有紀様(左)

永井印刷株式会社様(大阪府)

大阪市内でシール・ステッカーの製作/印刷、医薬/化粧品の外装箱、ギフト用のリボンシールなどを製作している。いち早く事業のデジタル化に取り組み、今まで敬遠されてきた小ロット印刷にも積極的に対応。VersaUVの稼働率は全国でもトップクラスを誇る。

第22回 世界ラベルコンテスト デジタル印刷部門 審査員特別賞を受賞

導入前

  • 校正用にも本機を使用したため、コストが非常にかかっていた。
  • 小ロット印刷の受注は、単価を下げるために利益を削ることも多かった。
  • クライアントが持ち込んだメディアの中には、印刷不可能なものもあった。
  • 抜き型を作るのは大変な作業で、特に同じ形状で大きさだけが違う抜き型の場合、形を揃えるのに苦労した。

導入後

  • 印刷本機を使用しなくても本紙校正を行えるため、コストを下げることができるだけでなく、仕上がりのイメージも伝えやすくなった。
  • 今までは考えられなかったような利益を出せるようになり、小ロット印刷を積極的に受注するようになった。
  • UV LEDインクジェット方式で、印刷できるメディアの種類が大幅に増加し、今まで印刷できずに断っていた仕事も受注できるようになった。
  • プリント&カット機能でカンタンにシールが作れるので、抜き型の必要がなくなり、コストを下げることができた。

VersaUVを選んだ理由

  • それまで使用していた水性インクを使用するプリンターのように、専用紙を用意しなくても印刷できる。
  • クリアインクや白インクを用いた高付加価値印刷が可能。
  • 価格も適切でデザインも良い。

導入した製品

6ヘッド構成で高画質・生産性を重視した
ハイスペックモデル。

LEC-330