ホーム導入事例/太美工芸株式会社様

シール・ラベル

お客様の駆け込み寺であり、良きパートナーでありたい。スクリーン印刷ならではの発想とノウハウで、新たな可能性にチャレンジしていきます。
専務取締役: 野田哲也様〔写真左〕

太美工芸株式会社様(愛知県)

スクリーン印刷を専門に30年以上の歴史をもち、地元企業の印刷工場として広く信頼を集めている。インクの重ね合わせによるさまざまなアイデアを武器に、VersaUV をビジネスに活用されている。野田氏は新しい印刷技術への関心が高く、日頃からインクジェットの情報収集を欠かさないという。

導入前

  • 小ロット品の仕事を受けられる体制を整えたかった。
  • 仕事を広げるため、金・銀ネーマー、合成紙、PET素材など、塩ビ以外の素材にも印刷したかった。
  • 溶剤タイプのインクジェットを使用しているが、もっと付加価値を高めたい。

導入後

  • スクリーン印刷では手間の掛かる、小ロットの多色刷りや試作品の出力を省力化できるため、受注増に貢献している。
  • 樹脂板に直接印刷できるので、会員カードやバッジの小ロット需要にも応じられるようになった。
  • 濃度の高い白インクが、多くのお客様に好評でリピートに繋がった。

VersaUVを選んだ理由

  • メディアの対応力に優れており、ステッカーやラベル用素材の多くが使えること。
  • UVインクジェットとしては場所を取らず、印刷幅が仕事に最適だったこと。
  • クリアインクでニス引きや盛り上げ印刷ができること。

導入した製品

低価格で多彩な特殊印刷を実現した
エントリーモデル。

LEC-300A