MODELAの特長

切削方式だからこそ生まれる多くのメリットがMODELAにはあります。
低コストで運用できる
切削方式ならではの導入コストの低さはもちろん、身近な材料で試作が行えるため、材料コストも低く抑えることができます。また年間保守料などメンテナンス費用も他の方式と比較すると低コスト。どなたにも高品質な試作を身近にしていただけます。
仕上がりが美しい 身近にある材料が使える

MODELAなら、最終製品と同じ、あるいはそれに近い素材で試作を行えます。ABS、POM、アクリル、モデリングワックス、ケミカルウッド、さらにはMDX-540シリーズやMDX-5000Rならアルミや真鍮まで、市販されている多彩な材料を利用することができます。

MODELAシリーズの対応材料はこちら

切削方式ならではのメリットとして、滑らかな曲面をはじめ、仕上がりの美しさがあげられます。表面処理などの手間のかかる後加工を、ほとんど必要としないほどのスムーズで美しい仕上がりです。

試作
切削方式による試作なら、手に持った感触や触り心地など、多くの情報を持ったサンプルを製作することができ、多角的な検証が行える上、低コストだから納得がいくまで何度でも試作を繰り返すことが可能です。またイメージを製造部門をはじめとする他部署のメンバーと共有することで、より円滑に新製品のプロジェクトを推進したり、部署間の認識の違いから発生するボトルネックを解消するために役立てることができます。
デザイン・設計のプロセスを革新
CADと連携するソフトウェアを付属

すべてのMODELAには、3D CADやCGのデータを切削データに変換するためのCAMソフトウェアを標準付属しています。加工未経験の方にもすぐに使いこなしていただけるシンプルなユーザーインターフェースを徹底していますので、安心して導入いただけます。

MODELAの能力を100%引き出すCAMソフトウェア「SRP Player Pro」もオプションでラインナップ。
>詳細はこちら
SRP Player
ファイル形式表
Imagine