ニュースリリース

2016年11月2日
ローランド ディー.ジー.株式会社

金属製品にマーキングするメタルプリンターの新製品MPX-95と
デザイン装飾、2次元シンボル表示に最適化した二つのキットを発表。
METAZA MPX-95

3次元切削加工機や3Dプリンター、彫刻機などのデジタルものづくりツールを製造・販売するローランド ディー.ジー.株式会社は、メタルプリンターの新製品「METAZA(メタザ)MPX-95」と、デザイン装飾、2次元シンボル表示に最適化した二種類の専用キットを発表しますのでお知らせいたします。

メタルプリンターは、金属系の材料の表面にスタイラス(打刻針)を高速で打ち付けることで、文字や図柄、階調付の写真などを表現するマーキング(刻印)装置です。METAZA シリーズは、2000年の初号機(MPX-50)発売以来、幅広い分野で受け入れられ、その市場や用途は、グッズやアイテムへのデザイン装飾、宝飾品やアクセサリーなどへの名入れ、ノベルティへのロゴ入れ、金属銘板や工具、パーツ、医療用鋼製器具などへの管理番号、固有識別子の表示などに広がっています。

MPX-95は、このような市場の広がりと今後の新市場開拓を視野に入れ、汎用性と利便性を追求した最新モデルです。これまで困難であった大型のオブジェクト(物)や複雑な形状に対応すべく、また、新規市場・用途でのマーキングの幅広い可能性を見据え、作業時に材料を設置するベースユニット(台座部分)を着脱式に改良。マーキング位置を示すレーザーポインターを搭載し、機器に不慣れな初心者の方でも、狙った位置にスムーズにマーキングできるようにしました。標準で付属する専用ソフトウェアRoland METAZAStudio(ローランド・メタザスタジオ)は、マーキング用のデザインデータの作成をサポートし、写真データを取り込んで加工したり、文字や図柄などを加えたりすることで、誰もが簡単にオリジナルのデザインを作成することができます。
一方、MPX-95とあわせて発売するキットは、マーキング作業をサポートする治具類で構成され、グッズやアイテムなどの名入れやデザイン装飾に最適化したGK-1と、医療器具への2次元シンボルのマーキングに特化したDK-1の二種類を用意しました。

グッズやアイテムへのデザイン装飾、名入れに最適なソリューション

MPX-95とGK-1は、金属系のグッズやアイテムなどへの名入れ、装飾などの用途に特化したソリューションで、これらの製品を販売する小売業やギフトショップが、顧客のパーソナライズニーズや贈答ニーズに応え、付加価値の高いマーキングサービスを店頭で提供することを可能にします。着脱式のベースユニットを採用したMPX-95は、材料の取り付けスペースを広げ、ゴルフクラブのヘッドやステンレスボトル、フォトフレームなどの大型商材にも柔軟に対応。レーザーポインターは、ショップスタッフでも、狙った位置にスムーズにマーキングできるよう作業をサポートします。GK-1には、さまざまな形状のグッズやアイテムを確実に固定するバイス(センターバイスとムーバブルセンターバイスの二種類)とクランプピンを付属し、バイス自体が可動するムーバブルセンターバイスは、対象物を固定した後もレーザーポインターに合わせてマーキング位置を微調整することが可能で、マーキング時の利便性を高めています。

MPX-95にタンブラーをセットした状態
アプリケーションの事例:携帯電話ケース
アプリケーションの事例:ワインホルダー
アプリケーションの事例:万年筆
アプリケーションの事例:腕時計

タンブラーをセットした状態

アプリケーションの事例

医療器具への2次元シンボルのマーキングに特化したソリューション

MPX-95とDK-1は、医療器具への2次元シンボルのマーキングに特化したソリューションです。器具一点一点に固有の識別子を付すことで、トレーサビリティー(追跡可能性)確保を支援します。スタイラスで一定の深さに打刻する方式は、洗浄・滅菌を繰り返す医療器具に最適で、消えにくく、錆びにくいマーキングを実現します。着脱式のベースユニットを採用したMPX-95は、マーキング対象をより大型の器具にも拡大し、医療機関で使われるほぼすべての医療器具にマーキングすることができます。一方、マーキング作業を効率化する専用キットDK-1は、2次元シンボルを生成するソフトウェアを付属し、器具一点一点に異なる情報をマーキングする場合も、CSVファイル(表計算ソフト)のデータから連番データを読み込ませるだけで、スムーズに作業を進めることができます。さまざまな形状の医療器具を確実に固定する二種類のバイス(ピンチングバイスとムーバブルセンターバイス)とクランプピンも付属し、作業品質の確保をサポートします。

ピンチングバイスに鉗子をセットした状態

ピンチングバイスに鉗子をセットした状態

GS1データマトリックス

GS1データマトリックス

Easy Shape事業開発本部DPM課の矢澤賢裕は、「メタルプリンターの市場は、それぞれがニッチでありながらも確実に広がりを見せています。多用途性に対応しつつ各市場に最適なソリューションを提供するためには、メタルプリンターの汎用性と利便性を確保する一方、各市場のニーズに合致したツール類をキットとして用意する戦略が有効であると判断し、まずは、伝統的な主力市場であるパーソナライズ、ギフト市場に最適化したGK-1と、UDI規制*を背景に市場が拡大しつつある医療器具のマーキングに特化したDK-1を優先的に提供することといたしました」と述べ、今後の展開について、「メタルプリンターの優位性が発揮できると思われる市場・用途は多数あり、当社は今後も、市場の開拓を進めると同時に、市場・用途に適した専用キットを開発することで、最適なソリューションを提供し続けてまいりたいと考えております」と語っています。

  1. *米国食品医薬品局(FDA)が制定する、医療機器に対する個別表示に関する新法令。医療の現場では、院内感染のリスクを回避し、患者の安全を確保すべく、医療器具の保全・管理方法を見直す動きが広がっており、医療機関における器具の管理を徹底させようとする規制当局の動きも世界的に顕在化しています。米国では、全ての医療器具に固有識別子の表示を義務付けるUDI (Unique Device Identification) 規制が2014年9月から段階的に施行されており、EU地域、アジア各国でも今後数年内に義務化される見込みです。

METAZA MPX-95とキット(GK-1、DK-1)の特長

  1. 鮮明で美しいマーキングを実現

    先端にダイヤモンドチップを埋め込んだスタイラスが文字や図柄を高精度にマーキング。くぼみのサイズと密度を変化させることで、階調付の写真やイラストも美しく表現することができます。

  2. さまざまな大きさ、形状のオブジェクトに幅広く対応

    マーキング時に対象物を設置するベースユニット(ベーステーブルとベースプレートで構成)を着脱式にすることで、大型のオブジェクトにも対応することが可能です。各キットに付属するバイスとクランプピンは、さまざまな形状のオブジェクトを確実に固定し、正確なマーキングをサポートします。

  3. 狙った位置へのマーキングをサポートするレーザーポインターを標準装備

    機器に不慣れな方でも、狙った位置にスムーズにマーキングできるようレーザーポインターを標準装備しました。各キットに付属するムーバブルセンターバイスは、対象物を固定した後もレーザーポインターの位置にあわせて微調整することが可能で、正確な位置へのオブジェクトの設置をサポートします。

  4. 専用ソフトウェア「Roland METAZAStudio(ローランド・メタザスタジオ)」を標準付属

    MPX-95には、マーキングするデータを簡単に作成することができる専用ソフトRoland METAZAStudioを標準付属。デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真データを取り込んで加工したり、文字や図柄などを加えてオリジナルデザインを作成したりすることも可能です。

  5. 専用ソフトウェアで高精度な2次元シンボルを生成

    DK-1には、CSVファイル(表計算ソフト)のデータから固有の2次元シンボルを生成する専用ソフトウェアを付属。連番データのマーキングも容易で、器具一点一点に異なる情報をマーキングする際の手間を軽減します。

  6. スムーズな導入をサポート

    コンパクトサイズで限られたスペースへも設置可能です。100V電源で動作するため電気工事なしでスムーズに導入することができます。

METAZA MPX-95

MPX-95の外観

※写真データのダウンロード(EPS形式)

※写真データのダウンロード(JPEG形式)

主な仕様

製品名 MPX-95
マーキング可能な材料 金、銀、銅、プラチナ、真ちゅう、アルミ、鉄、ステンレスなど
(印刷面のビッカース硬さ(HV)が200以下であること)
取り付け可能な
対象物の大きさ
ベーステーブル+ベースプレート使用時:
最大100(幅)×200(奥行)×40(高さ)mmまたは、200(幅)×100(奥行)×40(高さ)mm
ベースプレートのみ使用時:
最大100(幅)×200(奥行)×70(高さ)mmまたは、200(幅)×100(奥行)×70(高さ)mm

※上記はカバーを閉めた状態の場合です。カバーを開けた状態では大きさに上限はありませんが、マーキングするエリアが下記の領域内に入っている必要があります。

マーキング領域 最大領域: 80(幅)×80(奥行)×70(高さ)mm
推奨領域: 50(幅)×50(奥行)×70(高さ)mm
解像度 529 dpi(高密度)、353 dpi(フォト)、265dpi(テキスト)、1,058dpi(ベクター)
打刻速度(初期値) 50 mm/s(フォト)、33 mm/s(高密度、テキスト)、24 mm/s(ベクター)
インターフェース USB
外形寸法/重量 286(幅)×383(奥行)×308(高さ)mm/12kg
標準価格(税抜) MPX-95、GK-1、DK-1のいずれもオープン価格
目標販売台数 販売後1年間で本体: 700台、GK-1: 350台、DK-1: 150台(国内・海外の合計台数)
発売日 2016年11月2日(水)
ローランド ディー.ジー.株式会社について
ローランド ディー.ジー.株式会社は、XYZ軸の制御技術を元に、業務用インクジェットプリンターやカッティングマシンを中心とするカラー事業と、3次元切削加工機や彫刻機を中心とする3D事業を展開しています。カラー事業の分野では、1台のプリンターで、印刷と同時にイラストや文字などの輪郭を切り抜くことができる「Print&Cut」技術の先駆者であり、広告看板を製作するサイン業界などでインクジェットプリンター「SOLJET」「TrueVIS」「VersaCAMM」シリーズや、カッティングマシン「CAMM-1」「STIKA」シリーズを展開し、世界トップブランドとして市場をリードしています。近年では、幅広い用途での印刷に対応するUV-LEDプリンター「VersaUV」シリーズや、布地への印刷に特化した専用プリンター「Texart」シリーズをラインナップに加え、デジタル印刷の可能性を広げています。一方3D事業の分野では、「デスクトップ・ファブリケーション(机上工場)」コンセプトの下、人々のイメージをカタチにするデジタルものづくりツールとして、3次元切削加工機「MDX」シリーズや、デジタル彫刻機「EGX」シリーズ、3Dプリンターと切削加工機の組み合わせでプロフェッショナルのものづくりを支援する「monoFab」シリーズなどを展開しています。2010年には、歯科技工用ミリングマシンでヘルスケア業界に参入し、「Easy Shape」ブランドの下、精巧な加工技術とデジタルソリューションで、業界のワークフローを変革しています。

※本ニュースリリースに記載の社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

<報道関係の方のお問い合わせ先>

〒431-2103
静岡県浜松市北区新都田1-6-4

ローランド ディー.ジー.株式会社
グローバルマーケティング部 PR課
担当:沖野

Tel : 053-484-1201

E-mail : rdg-globalpr@rolanddg.co.jp

<お客様のお問い合わせ先>

〒431-2103
静岡県浜松市北区新都田1-6-4

ローランド ディー.ジー.株式会社
コールセンター

Tel : 0120-808-232
E-mail:rdg-info@rolanddg.co.jp